33Insanity'sVertebra(サーティースリー・インサニティーズ・バーテブレイ)

BIOGRAPHY

33Insanity'sVertebra

​■2012年3月にVocal NOZOMIとGuitar Goshima が出会い33Insanity'sVertebra

 (サーティースリー・インサニティーズ・バーテブレイ)を結成。

 4月に名古屋クラブクアトロにて初ライブ。その年の10月ロンドンで開催された

JAPAN  UNDERGROUNDにヘッドライナーで出演。

​■2012年12月16日アルバム『premature』をリリース。2014年に配信シングル

「エゴイスト/これを幸せと呼ばすに何と言う」リリース。

​■2015年に会場限定シングル「TOKYO ep」「NAGOYA ep」2枚同時発売。

​■2016年春エンジニアに「黒夢」「 SADS」などを手がけた高津輝幸を迎え、

 UAのニューアルバムで使用された「星と虹スタジオ」にて制作された最新作

『spangle』を2016年9月21日リリース。

​■2018年1月14日にボトムライン名古屋にて開催された

 RUDE GALLERY & Roadの共催イベント"BLACK RUDE NIGHT NAGOYAに出演。

 共演は a flood of circle / The Birthday / KENICHI ASAI&INTERCHANGE KILLS

 同日 「my postmortem photography / マルローは言っていた」を配信リリース。​

​■2018年9月にシングル曲「Plastic Boy」配信限定リリース。

​■2018年12月1日のワンマンライブでバンド初となるアコーステックアルバム

「33Unplugged」を会場限定リリース。

                                NOZOMI(Vocal) / Goshima (Guitar)